FC2ブログ
2013年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/19 (Fri)

出会い

履きなれないヒールの音が
大理石で囲まれた重厚なロビーにこだまする。

ここ数時間くらいの間、彼女の心臓は爆発寸前まで追い込まれていたー

連休の始め、皐月の夕暮れ時。
駅前は人で溢れていた。
爽やかでひんやりとした風が、彼女の肩まで伸びたくせ毛をふわふわとくゆらせ、都会を歩き慣れていない雰囲気をかもしだし、通る人の間をぎこちなくぶつかりながら約束の場所へ急ぐ。
駅の上にそびえ立つ二つの塔が、彼女を見下ろしていた。
ゴクリと喉が鳴る。
ここで、これから何が起こるのか、何が待ち受けているのか…
言葉にした全てが現実になる気がして、彼女は何度目かの戸惑いを感じ、2・3歩後ずさりした。

それでも、ここまでやってこれたのは、他ならぬ内なる自分の中にある、淡い期待のせいだろう。
ずっと待ち焦がれていた
ずっと胸に秘めていた
そんな秘密の宝箱を今日、開けようとしているから。
それはパンドラの箱かもしれない。
たくさんの悪夢の中に一粒の希望。
その希望にすがりつく。

エレベーターは彼女の気持ちとは裏腹に高速で上階へ向かう。
街が離れて小さくなる。
人が米粒くらいの大きさになってエレベーターは目的の階で止まった。
街を見下ろせるようガラス張りになっているテラスに、カップルが2組ほどいた。窓の手すりに寄りかかり彼女も街を見下ろした。
高くてめまいがする。
ふらつきながら近くのソファーに腰をおろした。
楽しそうに話すカップルを見つめ、自分にもあんな過去があった事を思い出した。
純粋で、幼稚で…
でもとても幸せな日々。
羨ましいなと見つめていると、後ろから声をかけられた。

「ちこ。」

…そう呼ぶ人は、この世でたった一人しかいない。

身体のありとあらゆる神経が自分の背後にまわった。
怖くて振り向けない。

「おい。」

心臓の鼓動がうるさい。
息ができない。
怖くて怖くて、ここから逃げ出したい。
でも足がすくんで動けない。

「おいって。こっち向けよ」

恐る恐る振り向いたはいいが、今度は顔があげられない。

恥ずかしくて恥ずかしくてたまらない。
このまま消えてしまいたい。

もっと綺麗な、
もっと素敵な女性だったら。
こんなまどろっこしくなく、魅力的に堂々と振り向けたんだろうに…そう思うと余計に自分を掻き消してしまいたくなる。

会えた嬉しさよりも、自分を恥じてしまう自分が嫌だった。
彼の前で笑えない自分が情けなかった。

どんな自分だと思われてもいい。
それでも、私はこの人が好きで、
何度も忘れようとしても忘れる事ができなかった憧れの人を、今目の前にしている。
だから…。
これが終わりになってもいいように、
これで永遠に忘れなくてはいけなくなってもいいように。
ここに心を決めて来た。
どんなに恥ずかしくても、どんなに否定されても彼に会いたい気持ちが優ったから、ここまで来た。

そう…ずっと会いたかったの。
焦がれて焦がれて、眩しい
太陽みたいな貴方に…。
目が焼け焦げてもいい。
溶けてしまってもいい。
それでもいいから、貴方に触れたい。

だから、ここに来たの。

貴方を手に入れたくて…。
貴方を誰にも渡したくなくて…。

外は群青に染まり、街は光に溢れていた。
魔法の時間が始まる。
幻想を現実に変え、朝日がこの世界をもう一度照らすまで…。
スポンサーサイト
[PR]

01:45  |  ちこのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/18 (Thu)

二度感じる。

呼び出されたいつものホテルの部屋の窓からは
遠くの夜景まで見渡せた。
キラキラと空気に震えて瞬く。
一面に光の粒。

周囲のビルの屋上で規則正しく点滅する赤いライトを見つめる。

床に散らばった服の中から
脱ぎ捨てられたシャツを手に取り
まだ余韻の残る肌にまとった。

窓際の椅子に座り、脚をガラステーブルに乗せた。
シャツの袖に鼻を押し当てて残り香を嗅ぐ。
ほのかなムスクの香りとタバコの匂い。
そして女にしか嗅ぎ分けられない男性特有の

力強い匂い。

私はこの匂いたちが好き。

媚薬のようなその香りをかぐと私の中の快感中枢が震え出し、無償にセックスをしたくなる。
無償に、
しゃぶりつきたくなってしまう。

まるで匂いに導かれるように、手が下腹部へと降りていく。
触れるともう充分なほど濡れていた。
シャツのボタンを外し、白い膨らみと固くなった突起を一緒につかんだ。

聞こえるか聞こえないかの音で湿った部分からいやらしい水音がする。

吐息が荒くなる。
鼓動が速くなる。

身体中の熱が指の触れる場所に集まる。
頭の奥が痺れて、快感の波が押し寄せてくる。
声がこぼれる。

指も動きを早める。
シャツが肌にこすれて香しい匂いが鼻腔をくすぐる。
自分の意思とは関係ない何かが私の指を激しく動かして、下腹部の敏感なところを攻め立ててくる。
抗おうにももう止まらない。

さっき掴まれた手首が痛い。
首筋を噛まれ舐め上げられた感触が蘇る。
彼の荒い息づかい。
脈動する筋肉。
抱き上げられ何度も奪われる唇。
押し上げても敵わない力強い胸板。
叩きつけらる欲棒が
容赦なく私を突き上げる。
紳士的な仮面を剥いでただの獣男になった彼の顔はとても魅力的でどこか可愛らしく。
汗の流れる様も私を見つめる瞳も愛おしい。
私は彼の頬に手を伸ばし、頭をそっとなでる。
その掌に唇を押し当て腕から肩へ肩からうなじへ唇を這わせてくる。
そして最後に、耳元で…囁く…

ゾクゾクと腰から背中を生き物が這い上がる。
きゅうっと肉壁がしまり指を締め付ける。
私の何もかもを見通して、
冷たく放つ言葉。
教えたわけでも
言ってと頼んだわけでもない。
彼は本能的に、
私を壊す方法を知っている。

いやらしい水音は部屋の中心の音になる。

さっき言われた言葉が耳奥で繰り返し繰り返し…

みずみずしい果物を手で握りつぶしたような音が流れ出る。

腫れ上がった突起を指の腹で細かくこすると、つま先にビリビリと電流が走る。

来る…来ちゃう…ああ…ダメ…
イ…クっ!!




……

ベッドで眠る姿に一瞥をくれて、窓の外でアリの行列のように列をなしてゆく車の流れを見下ろした。

ガラステーブルに無造作に置かれたセブンスターを…一本…
口に咥える。
少し迷った。
「禁煙してるんだけどな…。」
お飾りの躊躇。そして
火をつけて深く煙を吸い込む。

重たく濃い煙が肺を満たす。

むせそうになったけど、我慢した。

我慢して
我慢して…

耐えきれなくて
吐き出した。
むせる私を見下ろしながら
青白い煙が窓に張り付き夜空を覆っていく。

多分、私はこのまま彼の横でまた眠る。
次に目覚めたら、きっと彼はもういなくなってる。
私が彼を獣みたいに純粋に求めた所で、この人は私のものには一生ならない。

身体を重ねれば重ねるほど
心は擦り減って、現実に平手打ちされる。
でも、この窓の景色が観られるなら、きっとまた私はここへ来る。
こうして彼のシャツを着て匂いを記憶して、彼を二度感じる為に…。
05:44  |  ちこのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。