FC2ブログ
2018年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07/25 (Wed)

無題1

男は長年の空白を急いで埋めるように
女の服を乱雑にひんむいてベットに押し倒した

女はうなじに噛み付く男の頭に優しく触れ、戸惑いながらも男に身体を許す覚悟を決めた…


女の上にまたがり男はシャツを脱ぎながら
白く柔らかい曲線の身体を見下ろす

男の焼けた肌と
たくましい肉体があらわになり
女は恥じらいを隠そうと
顔を両手で覆った

男はその手を剥がしベットに押し付け女を見つめ続けた

魂を吸い取られそうな強い視線に
女は耐えきれず顔をそらした

男は自分の方に顔を向けない女の唇を奪い強引に顔を正面に戻した

言葉にできない服中感が女の胸を締め付け下腹部を濡らす

重なる肌と肌
絡み合う唇と唇
二人の想いは
想像から現実へと変換されてゆく

許されない事を…
しているのかもしれない
後戻りできない道を…
選んでしまったのかもしれない

女の心によぎる不安は
男の指先が触れるごとに
薄らいではまた強まる

湿った女の下腹部は
男の愛撫を求めてひくついた

男はそれを無視して身体を起こし
そそり立つ肉棒を女の口へ運んだ

女は小さく口を開け
様子を伺うように舌先でなぞった

男は物足りな気に女を見下ろし
女の髪を掴み顔を持ち上げた

女は痛みに瞳を潤わせ怯えながら男を見上げた

ー…ごめ…なさ…いー

痛みに耐え、許しを求める女の口に男は肉棒をねじ込んだ…

喉の奥までねじ込まれた肉棒に
歯を当てないよう必死に包み込む

逆流しそうなのを抑え
女は男を奥まで愛撫したー
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

05:03  |  ちこのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chikosounds.blog.fc2.com/tb.php/5-0ee62d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。