FC2ブログ
2018年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07/25 (Wed)

無題2

………

ベットの端に座る男の肉棒を
女は跪いて愛撫し続けた

膝は震え顎は外れそうだった
何度も限界を迎え、口を離そうとしたが男はそれを許さなかった…

意識が朦朧とする中で
男が口にする蔑みの言葉に
女の下腹部は乾くことはなく
太ももから垂れる愛液はその量を増してゆく

男はそれをすくい上げ
今にも気を失いそうな女に問いかける

女は許しを懇願するようにうめいた

頭の芯が外れ
獣のように肉棒を咥えた。
心によぎった不安や恥じらいは
もう微塵も感じない

女の理性がなくなるのを感じ取った男は、ようやく女の口から肉棒を引き抜いた。

肉棒から女の口につながる長い糸がへたりと切れる

力無く横たわる女をベットに誘い
男は女に覆いかぶさり、
衰えを感じさせない固く引き締まった肉棒を無防備な女の下腹部に当てた

入り口に触れると熱を帯びた愛液が先端を包む

何度も何度も繰り返し

焦らす…

女は男の顔に触れ
苦しそうに呟いた…

ー…入れ…て…くださ…いー


…部屋には
二人の体液が混ざり合う音と
互いの荒い呼吸だけが響く

女は下腹部に感じる心地良い痛みに少しの抵抗を見せ
男の胸を力無く押し上げた

男はその抵抗をも受け入れ更に奥へと女を突きあげた

女の目が湧き上がる衝動を抑えきれずに潤みを増してゆく
濡れた唇から甘美な声が漏れる

男は女の名前を呼び、手のひらでその頬を優しく撫でた…

女は男の名前を呼び、その手のひらに手を重ねた…

そこに罪は無く
ただ純粋な本能に二人は導かれて行く
それは永遠に続くようで…
儚い夢のようで…

その脆さに
女は一筋の涙を伝わせたー
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

06:01  |  ちこのつぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chikosounds.blog.fc2.com/tb.php/6-6f6d636b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。